事業内容

産業廃棄物・医療廃棄物・特別管理廃棄物処理

産業廃棄物のリサイクルと有効利用の推進のため、容器包装リサイクル法廃家電リサイクル法及び廃棄物処理法は全ての産業廃棄物処分にマニフェストの義務づけ、次々と法律の改正が行われました。
今までの産業廃棄物処理の主流は焼却埋め立て処分で、特に有害物質である特別管理廃棄物、悪臭防止、重金属類の飛散や流出による環境破壊対策を地球規模で講じなければいけません。
今後は、埋め立て処分だけでは排出者責任が取れなくなると思われます。弊社は鉄くずを大型電気炉で融解し、鉄鋼製品にリサイクルする鉄鋼メーカーです。
10年前より、大型電気炉の高温2,000℃を有効利用し、産業廃棄物の焼却・融解処理を行い、「再生利用」である完全リサイクル事業となっております。

業務の流れ

保管(医療機関等)→収集運搬(代理店)→処理(中間処理)

保管

飛散・流出が無く、悪臭やネズミ・蚊・ハエ等の害虫の発生がありません。
金属・ガラス・プラスチック類を選別せずに金属容器に投入するため、安全です。
20L缶・55L缶・110L缶・220L缶・エコプラスチック各種類容器のサイズ金属容器等を取りそろえております。

収集・運搬

専用車両により即時回収、金属容器のため注射針等の危険性がありません。
また、バイオハザードマーク(感染性廃棄物)を使用しています。
廃棄物回収時の電子マニフェスト使用、廃棄物を処理会社までの運搬をGPS追跡システムサービスを使用する事により、お客様に安心していただけるように徹底管 理を行っております。

処理

マグネット、クラムにて金属容器ごと電気炉に投入、人手を介さない安全処理を実施しています。
投入後は超高温2000℃以上で完全溶融処理されます。

完全リサイクル・無公害処理

  • プラスチック類は酸素と反応し、脱酸されケミカルリサイクルされます。
  • 医療廃棄物は高温分解され、無臭・安定・無害化されます。
  • 焼却灰・ガラス類はスラグになり、路盤としてマテリアルリサイクルされます。
  • 金属類・アルミ類は製品や脱酸材として有効利用されます。
  • 工業排水は全てリサイクルされますので、無駄な排水はありません。
  • ダイオキシンは1500℃の高温度から急冷され、さらに二段階集塵機でろ過されます。大気中に放出されるガスは極めてクリーンになります。
  • 限りある地球の資源を大切に活用します。

事業概要

許可証 産業廃棄物処分業 許可番号:第03546002042 全品目処理許可
特別管理産業廃棄物処分業 許可番号:第03596002042
処理方法 大型電気炉2,000℃で溶融
リサイクル 鉄鋼製品及び路盤材として販売、中間処理後の埋立処分無し
処理能力 産業廃棄物 460トン/日
特別管理産業廃棄物 460トン/日